カマンベール・ド・ノルマンディー

[スポンサード・リンク]


季節 夏のチーズ 原産国国旗
名称カマンベール・ド・ノルマンディー
特徴世界No.1の人気を誇る、伝統的な白カビチーズ
タイプ白カビ
原料乳
原産国フランス ノルマンディー
解説
世界中から愛されている歴史の古いカマンベール。

その中でもカマンベール・ド・ノルマンディーは、ノルマンディーのカマンベール村で伝統を継承しているカマンベールにのみ、その名前をつけることが法律で許され、他のカマンベールとはしっかりと区別されているのです。

イキイキとした牧草を食べて育ったノルマンディー牛のミルクは、4〜7月が最もおいしいシーズン。ということは、1ヶ月ほど熟成が必要なカマンベールが最もおいしいとされるのは5月中旬ということになります。

この本家カマンベールは、熟成が若いうちからマッシュルームのような香りを放ち、十分なコクがありますが、中心部にやや芯が残っています。熟成が進む香りがさらに強まり、クリーミィにとろける中身と、赤茶色がかった白カビの表皮が特徴的な逸品となるのです。

このカマンベール・ド・ノルマンディーは、火を通さずにシードルやカットしたりんごと共に食べるのがおすすめ。殺菌乳でつくられたカマンベール・パストリゼは、さらにマイルドでクリーミィな口当たりが特徴。サンドイッチやグラタン、フライなどでもおいしくいただけます。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
風味  ( 風味は普通 )
形状直径10.5〜11cm
高さ3cm
重さ250g以上
表皮薄いカビに覆われ、白くなっている。
中身柔らかく、クリーミィでなめらかな中身。熟成が若いうちは、チョーク状の芯が残っていることも。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]