クロタン・ド・シャヴィニョル

[スポンサード・リンク]


季節 夏のチーズ 原産国国旗
名称クロタン・ド・シャヴィニョル
特徴愛らしい山羊乳チーズの代表格
タイプナチュラル他
原料乳山羊
原産国フランス サントル
解説
その昔、放置されたこのチーズに真っ黒なカビが生えていたことから「シャヴィニョルの小さな馬糞」という愛嬌ある呼び名をもっています。
産地はパリ南方、サンセールの丘の麓にあるシャヴィニョル村。
若いものはフレッシュな酸味がありますが、熟成するにしたがい酸味はマイルドに、深いコクを感じることができます。
ほくほくと栗のような食感と甘みが広がり、地元の人は好んで熟成ものを食べることが多いようです。

同郷サンセールの白ワインとのマリアージュが最高でしょう。

パリで有名なのは、カフェの定番「温かいクロタンのサラダ」です。
このメニューは若いクロタンをトーストしたバゲットに乗せ、オーブンで焼いてサラダと合わせたもの。

冷たいままカットしてサラダにするのもおすすめです。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味は普通 )
形状直径4〜5cm
高さ3〜4cm
重さ60g以上
表皮薄い。熟成すると青から灰色のカビに包まれる。
中身白からアイボリー。引き締まっている。熟成にしたがい硬くなる。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]