ミモレット

[スポンサード・リンク]


季節 夏のチーズ 原産国国旗
名称ミモレット
特徴濃厚なカラスミ風味が日本酒とも好相性
タイプハード
原料乳
原産国フランス ノール・パ・ド・カレ ノルマンディー
解説
ハードチーズの傑作とも言われるミモレット。
もともとのルーツはオランダですが、17世紀にフランスが外国製品の輸入を禁止したことから、フランスでも同製法で生産されるようになりました。

「ミ・モレ」とはフランス語で「半分柔らかい」の意。
「ジュンヌ」と呼ばれる熟成2~6ヶ月の若いものは柔らかく弾力がありクセも少ないので、サイコロ状にしてサラダと合わせたり、スライスしてサンドウィッチの具として使われることが多いようです。軽めのフルーティーな白ワインとご一緒に。

1年以上熟成が進んだものを「ヴェイユ」、更に熟成が進み18ヶ月を超えたものを「エクストラ・ヴェエイユ」と呼びます。最近日本で人気なのがこちら。
外皮はゴツゴツで中身もカチカチに堅くなり、甘みと旨みが凝縮された味わいはまるでカラスミのようです。日本酒やビールはもちろん、重めの赤ワインがよく合うでしょう。

[スポンサード・リンク]
食べごろ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味はやや弱め )
形状上下が平らなボール状
直径20cm
高さ15cm
重さ2〜4kg
表皮濃いオレンジ色。熟成が進むとゴツゴツの月面状になる。
中身濃いオレンジ色。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]