モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ

[スポンサード・リンク]


季節 夏のチーズ 原産国国旗
名称モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ
特徴風味豊かな本家、水牛のモッツァレラ
タイプフレッシュ
原料乳水牛
原産国イタリア カンパーニャ
解説
ブーファラとは水牛の意。
今では日本各地で作られている牛乳製モッツァレラですが、生まれは南イタリアで一番美しい土地、カンパーニャで作られている水牛製モッツアレラです。

モッツァレラは「パスタフィーラ製法」で作られています。繊維状の組織はこの製法によるものです。
ミルクを凝固剤で固め、大方の水分を抜いた後に、熱湯を加えてこねます。できあがった固まりを、お湯の中で2人1組で引きちぎりながら(引きちぎる=モッツァーレ)丸めて塩水へ入れます。250gほどの大きさが一般的ですが、真珠大ほどの小さなものや、みつ編み状のものも。

表面はすべすべとして、もちもちとした弾力があり、ほのかな酸味と柔らかなミルクの甘みが感じられます。牛乳製のものよりも濃厚で、ナイフを入れると旨みの水分があふれ出るほどジューシー。
合わせるワインは辛口の白、ライトボディの赤、ロゼが良いでしょう。
熟れたトマトとバジル、塩と黒こしょう、オリーブオイルやレモンと合わせたサラダ「カプレーゼ」はイタリアンカラーで彩りも鮮やかです。
温かいピッツアやクロックムッシュ、パスタなど、様々なお料理に使えますのでぜひお試しを。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味は弱い )
形状球形 直径3〜12cm
重さ20〜800g
表皮白く薄い。
中身白く弾力がある。繊維状の組織。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]