ペコリーノ・ロマーノ

[スポンサード・リンク]


季節 秋のチーズ 原産国国旗
名称ペコリーノ・ロマーノ
特徴イタリア最古の羊乳チーズ 塩代わりの調味料としても
タイプハード
原料乳
原産国イタリア サルデーニャ ラッツィオ
解説
イタリア語で雌羊のことを「ペーコラ」といいます。
そこから羊乳製チーズのことを「ペコリーノ」といい、その後に産地名が続きます。ペコリーノ・ロマーノとは、ローマの羊乳製チーズという意味です。

ローマ帝国の時代から作られていたというイタリア最古の羊乳製チーズ、ペコリーノ・ロマーノですが、現在ほとんどがサルディーニャ島で生産されています。

特徴はなんと言ってもこの塩辛さ。冷蔵庫が普及した現代では塩味の少ないものも作られるようになりましたが、コクと風味が加わった強い塩味は調味料代わりに使われるほどです。
ハードチーズに分類されていますが、すりおろすとフワフワになります。リゾットやスープにトッピングしたり、ジェノベーゼソースやローマ風カルボナーラ(卵とパンチェッタとペコリーノ・ロマーノのみで作るのが本場風)に使用してみてはいかがでしょう。重めの赤ワインや、日本酒、焼酎との相性が抜群です。

ローマでは、5月頃出まわり始める生食用そら豆と一緒に、まだしっとりした若いペコリーノ・ロマーノをワインで楽しむ習慣があります。こちらでは生食用そら豆はなかなかお目にかかれませんので、ボイルしたそら豆や枝豆と一緒にいただくのが良いかもしれません。
 
[スポンサード・リンク]
食べごろ 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
風味  ( 風味はやや強め )
形状直径25〜30cm
高さ20〜35cm
重さ20〜35kg
表皮茶色がかったクリーム色。
中身茶色がかったクリーム色。砕けやすい。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]