マロワル

[スポンサード・リンク]


季節 秋のチーズ 原産国国旗
名称マロワル
特徴個性的な煉瓦色のチーズ 焼くとやさしい味わいに
タイプウォッシュ
原料乳
原産国フランス ティエラッシュ地方
解説
生産地はベルギーとの国境近く、フランス北外れの町マロワル。
1000年以上の歴史を持ち、マロワルのあるティエラッシュ地方の修道院で作られたのが始まりでした。

地下の洞窟で熟成させていたことから、自然発生酵素によって表皮は薄いオレンジ色に。現在は衛生管理の行き届いた熟成室で、赤い酵素を添加して色付けがされています。

味わいは個性的で、濃厚なコクと強い香り、塩気があります。
日本で見られるのは1/4サイズのカールですが、現地では一番大きいサイズが主流です。

マロワルと言えば、北フランスのお惣菜屋さんに並ぶ「タルト・フラミッシュ」が有名。
型にブリオッシュ生地かパイシートを引き、スライスしたマロワル、塩コショウした生クリームと牛乳と卵を流し入れます。220℃のオーブンで30分ほど焼いたら出来上がりです。
焼くことでマロワルはやさしい味わいに。ぜひお試しを。

フルボディの赤ワインかビールとご一緒にどうぞ。


[スポンサード・リンク]
食べごろ 1月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味は強い )
形状角盤状
大型一辺12.5〜13cm、高さ6cm、重さ720g以上
ソルベ3/4 540g以上
ミニョン2/4 360g以上
カール1/4 180g以上
表皮粘り気があるオレンジ~薄い茶色。
中身クリーム色。不規則な気孔がある。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]