ボーフォール

[スポンサード・リンク]


季節 春のチーズ 原産国国旗
名称ボーフォール
特徴高貴な香り 「チーズのプリンス」
タイプハード
原料乳
原産国フランス サヴォワ
解説
生産地はフランス、標高1500~2000mにもなるサヴォワ山岳地帯です。
この地域にあるボーフォールタンという村の名から、チーズの名がつけられました。

フランスの美食家ブリヤ・サヴァランから「チーズのプリンス」と呼ばれ、「チーズ通が最後にたどり着くチーズ」とも言われています。

ナッツのようなコクと旨み、はちみつのような甘みがあり、熟成が進むにつれ、いっそう香り豊かで深いコクが味わえます。

6~9月の新鮮な青草を食べた牛のミルクで作られたボーフォールは「エテ(夏)」と呼ばれ、その中でも1500m以上の高地で放牧された牛のミルクで作られたものは「アルパージュ(夏季山岳高地放牧地)」と呼ばれます。
これらは価値が高く、牛舎の中でじっとしながら、干草を食べている牛のミルクで作ったチーズとの味の差は歴然。深くて濃厚なコク、甘み、香りを堪能してください。

フルーティな赤ワインと好相性です。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 1月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味は普通 )
形状円盤形
直径35〜75cm
高さ11〜16cm
重さ20〜70kg(平均40kg)
表皮赤みがかった茶色で、硬くゴツゴツしている。
中身濃いアイボリー。しなやかで少ししっとりしている。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]