リヴァロ(リバロ)

[スポンサード・リンク]


季節 春のチーズ 原産国国旗
名称リヴァロ(リバロ)
特徴ノルマンディーを代表する 強い個性のウォッシュ
タイプウォッシュ
原料乳
原産国フランス ノルマンディー
解説
生産地はパリの北方ノルマンディー地方です。
カマンベール、ポン・レヴェックと共にこの地方を代表するチーズのひとつ。
歴史は古く、12世紀に修道院で作られていたチーズ「アンジェロ」がもとになり、丸く成型されリヴァロ村で発展したのがリヴァロ、四角く成型されポン・レヴェック村で発展したのがポン・レヴェックです。

側面に5回巻かれた葦(レーシュ)が特徴。型崩れを防ぐために巻かれたものですが、現在は装飾のための紙テープが巻かれているものがほとんどです。陸軍大佐の階級を示す5本線を思わせるところから「コロネル(大佐)」と呼ばれることも。

植物性色素のアナトーや塩水で洗いながら熟成させるため、側面は赤みがかり、強く個性的な匂いをまといます。気になる時は皮を外せば◎
中身は脂肪分が少なく、もちもちとして旨みとやさしいミルクの味わいを楽しむことができます。

同じくノルマンディー地方を代表するりんごのブランデー「カルヴァドス」、フルボディの赤ワインとご一緒に。
パン・ド・カンパーニュ(田舎風パン)のスライスにもよく合います。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
風味  ( 風味はやや強め )
形状直径9〜12cm
高さ4〜5cm
重さ250〜280g
大型は直径19〜20cm
重さ450〜500g
表皮赤みがかったオレンジ色。湿っている。
中身クリーム色。むっちりしている。不規則な気孔。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]