ケソ・デ・バルデオン

[スポンサード・リンク]


季節 春のチーズ 原産国国旗
名称ケソ・デ・バルデオン
特徴カブラレスの現代版はやさしい味わい
タイプ青カビ
原料乳牛、羊、山羊混乳
原産国スペイン カスティーヤ・イ・レオン
解説
生産地はスペインのアストゥリアス地方、ピコス・デ・エウロパ山脈に囲まれた深い谷「レオン」です。
パルデオンとは「レオンの谷」の意。
牧草も豊かなこの谷で、カブラレスをお手本に作られたマイルドなチーズがこのケソ・デ・バルデオンです。

もともとカブラレスは楓の葉に包まれていたという伝統を受け継ぎ、ケソ・デ・バルデオンは楓の葉で包まれています。中に広がる青カビは人工的に植えられたものです。
味わいはその姿に似ずクリーミーで甘く、深い旨みがあります。青カビの刺激はほとんどなく、ほのかな酸味と塩味が感じられます。

甘いポルトやシェリーとの相性が良いでしょう。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味はやや強め )
形状円筒形
直径19cm
高さ10cm
重さ2〜3kg
表皮楓の葉に包まれている。
中身薄いクリーム色。青カビが広がる。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]