ブルー・デュ・ヴェルコール・サスナージュ

[スポンサード・リンク]


季節 春のチーズ 原産国国旗
名称ブルー・デュ・ヴェルコール・サスナージュ
特徴初心者にもやさしい フランスのAOCブルー
タイプ青カビ
原料乳
原産国フランス ローヌ・アルプ
解説
フランスのローヌ・アルプ地方のサスナージュという街と、ヴェルコール山地にある国立公園内で生産されているブルーチーズ。14世紀、修道僧たちによって作られていたのが始まりで、のちにその製法が近隣の村に伝えられ広がっていったとのこと。
AOC登録がされたのは1998年。AOCに認定されているフランスのブルーチーズの中では最もやさしい味わいです。

口あたりはねっとりとして芳醇な香りと甘み、ほんのりと塩味が感じられます。マイルドなブルーチーズは初心者にもおすすめです。

この地方名産のクルミが入ったパンや、ボイルしたジャガイモと合わせて楽しんでも◎ 熱を加えても美味。
ミディアムボディの赤ワインとお試しを。 
[スポンサード・リンク]
食べごろ 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
風味  ( 風味は普通 )
形状直径30cm
高さ8〜9cm
重さ5〜9kg
表皮赤みがかった自然の白カビに覆われている。
中身クリーム色でむっちりとしている。青カビが広がる。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]