ブルー・ド・ラカイユ

[スポンサード・リンク]


季節 春のチーズ 原産国国旗
名称ブルー・ド・ラカイユ
特徴クリーミーで穏やかなブルーチーズ
タイプ青カビ
原料乳
原産国フランス オーヴェルニュ
解説
ブルーチーズ作りが盛んなフランスのオーヴェルニュ地方が生産地。
1850年、農家の青年がライ麦パンに生えた青カビを牛乳に混ぜてみたのがはじまりだとか。

同じ製法のブルー・ドーヴェルニュは脱脂乳が使われているため、こちらの方がややリッチな味わい。
AOCチーズではないため、値段もリーズナブルです。

口あたりはねっとり、刺激は少なくブルーチーズの中ではマイルドな部類。クリーミーな中に旨みと甘み、強めの塩味がバランスよく感じられます。

フルーティーな赤ワインや甘口の赤ワインとの相性が抜群。
ナッツやドライフルーツ入りのパンとご一緒にいかがでしょう。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味はやや強め )
形状直径20cm
高さ8〜10cm
重さ2.5kg
表皮薄い茶色。自然の表皮。
中身薄いクリーム色でねっとりとしている。青カビが広がる。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]