アズィアーゴ・プレッサート

[スポンサード・リンク]


季節 春のチーズ 原産国国旗
名称アズィアーゴ・プレッサート
特徴現代版はやさしい味のアズィアーゴ
タイプセミハード
原料乳牛 
原産国イタリア ヴェネト
解説
チーズの故郷はイタリア北部、アドリア海に面しヴェネツィアを州都に持つ、ヴェネト州のアズィアーゴ村です。
標高1000mにもなるこの地域、厳しい冬の大切な保存食としてアズィアーゴは作られていました。もともとは羊乳から作られていましたが、16世紀には全て牛乳製になりました。

アズィアーゴ・ダッレーヴォは山の牧草を食べた牛の脱脂乳から、最低3ヶ月~3年かけてじっくり熟成をさせた伝統的製法タイプ。
それに対し圧倒的に流通量が多いのが現代版のアズィアーゴ・プレッサート。こちらは製造後20日から食べることができます。弾力があり、ほのかな酸味とミルクの甘みが感じられます。塩味もひかえめで、イタリアでは日常的にテーブルに登る手軽で食べやすいチーズです。

テーブルチーズとしてだけでなく、パンに挟んだり焼いて溶かしても美味。
同郷のフルーティーなソアーヴェやシャブリとの相性が抜群です。
[スポンサード・リンク]
食べごろ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
風味  ( 風味はやや弱め )
形状直径30〜40cm
高さ11〜15cm
重さ11〜15kg
表皮薄い。クリーム色。
中身クリーム色。弾力がある。
ベルギーのチーズ デンマークのチーズ イギリスのチーズ フランスのチーズ
ドイツのチーズ ギリシャのチーズ アイルランドのチーズ イタリアのチーズ
日本のチーズ スペインのチーズ スイスのチーズ オランダのチーズ


[スポンサード・リンク]